FC2ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ 【バトスピ】ガチデッキ!?尖塔コントロールを紹介!【デッキ紹介】TOPデッキ紹介 ≫ 【バトスピ】ガチデッキ!?尖塔コントロールを紹介!【デッキ紹介】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

【バトスピ】ガチデッキ!?尖塔コントロールを紹介!【デッキ紹介】

皆さんこんにちは!スタッフFですヽ(´ー`)ノ

遂に10/17(土)にはバトスピ最新弾 『烈火伝第3章』が発売!
新効果《ソウルドライブ》も強力な効果ばかりで期待が膨らむばかりですね(*˘︶˘*).。.:*♡


さて、この「烈火伝第3章」でバトスピの環境は大きく変化すると予想されます。
現状で強力なデッキはもちろんのこと、今回強化された様々なデッキたちや後に控えている【ゴッド・ゼクス】にも期待が集まります!
そこで今回は環境の変わり目ではありますがどんなデッキとも柔軟に戦えるデッキとして、今までスタッフFが使用していたデッキ【尖塔コントロール】をご紹介!(´∀`;)

スタッフF自身がバトスピを烈火伝第2章から始めたので文章については怪しいところがあるかもしれませんが、温かい目で見守ってくれると嬉しいです(=´▽`=)ノ

(時代遅れ感はあるけど、公認大会での勝率は結構良かったし、戦国チャンピオンシップの権利もこれで取ったりと色々頑張ってくれてるデッキなんじゃーーーーー)




-------------------------------------------------------------------------------------------

まずは僕の使用していたデッキレシピから!


【尖塔こんとろーる】
六絶神 鉄壁のクロム・リゼルファー 3
機巧武者シラヌイ 3

巨人猟兵オライオン 2
導化姫トリックスター 1
戦国覇王ギュウモンジ 3
龍の覇王 ジーク・ヤマト・フリード 2

次代機獣ブリザ・ライガ 3

砲凰龍フェニック・キャノン 3

侵食されゆく尖塔 2
煌炎の神剣 1
英雄王の神剣 1

華黄の城門 1

天火烈刀斬 2
リバイヴドロー 3
双翼乱舞 3
ソウルドロー 2
火炎之咆哮 1

グリードサンダー 1
絶甲氷盾 3



まずはこのデッキの動きをかるーく解説!

このデッキはコントロールデッキであり、序盤から積極的にライフを攻めるといった戦法は基本的には行いません。
基本的に想定している勝ち筋は《巨人猟兵オライオン》を複数回使いまわしてのデッキアウトとなっていて、山の枚数や手札的にそれが厳しい状況やデッキ相性的に長引かせるべきではない相手等には即座にビートダウンでの勝利を目指すデッキです。

このようにコントロールデッキでありながらスピリット、アルティメットの質が非常に高いので状況に応じてビートダウンを行えるのがこのデッキの強みだと思います。

基本的にはまず8枚入っているドローマジックと3枚入っている手札を増やせるネクサスで手札を補充します。
相手の初動はギュウモンジ、フェニックキャノン、グリードサンダーで妨害してテンポを奪い、その隙にクロムリゼルファーとシラヌイを着地、維持して防御に徹します。

こうして守りを固めている間に手札に防御札を集め、数ターン守り切れる段階になったら後はオライオンを召喚、リバイヴドローorトリックスターで回収を繰り返しデッキアウトで勝利する…というのが基本構想ですね。

このデッキの勝ち筋の一つであるオライオンは12枚破棄が可能なスピリットですが、バトスピは基本的にデッキが40枚でスタートし、初手が4枚なので3回召喚すればデッキを削りきれる計算になります。
ですが、実際には相手のドロー効果やターン経過等で山が少なくなり、オライオン2回で終わらせることの出来る24枚を目安に勝負を仕掛けに行くと良いでしょう。
紫が相手だと《鎧闘鬼ラショウ》等でデッキを削りつつドローも多いのでオライオン1回で終わることもあります。そこは相手のデッキと自分の余裕と相談ですね。

(余談ですが、オライオンのフィニッシュを楽にする方法として《タイムリープ》での使い回しや、そもそもオライオンではなく《鉄の覇王サイゴード・ゴレム》でのデッキ破壊がメインの型だったりと、色々な型が考えられるのでこの辺は自分の使いやすいものを選んで使うのが一番ですね)



さて、このデッキの名前にも入っている《侵食されゆく尖塔》ですがこのデッキにおいてはどういうカードなのかというと、自分のターンでドローマジックに使ったコアやソウルコアを相手のターンに再利用できるだけでなく、相手のスピリットをバウンスすることで大きくテンポを取ることが可能です。
通常、軽減シンボル無しで相手ターンに使用するにはコストが重すぎるようなカードもこのデッキだと相手ターンのフラッシュタイミングで使用することが可能です(上のレシピだと火炎之咆哮、他にはハイドロ瀑流なんかがそうですね)


《六絶神 クロムリゼルファー》は初手からでも召喚が可能で且つシラヌイと尖塔の軽減シンボルを用意できる、強力な耐性能力により場持ちがよくBP効率も悪くはない、チャンプブロックから絶甲氷盾を安全に使用できる、と弱いとこ無しの完璧なスピリットです!
このデッキには色々と噛み合っていて、個人的には採用するなら3枚必須だと思っています。

とにかくクロムリゼルファーとシラヌイの耐性と防御性能が強力!
大抵のビートダウンデッキならこれで黙るレベルの性能です。



このデッキは汎用性が高くいつ使っても強力なスピリットやアルティメット、バーストで固めてあるデッキなのでどんなデッキとも無難に戦えて勝てるデッキになっていると思っているのですが、唯一【青緑】デッキには勝利する事が非常に困難だと思っています。

【青緑連鎖】は召喚時効果を封じながらビートダウンをしてくるので、このデッキのギュウモンジ、双翼乱舞、オライオン、トリックスターが腐ってしまい、守りの要であるシラヌイが青と緑に耐性を持っておらず、アルティメットリーフシードラ1体に全ての防御札を看破されてしまうという相性の悪さっぷり…

このデッキを使用する際はそのプレイする環境で【青緑】が流行っていないかは確認必須です(´∀`;)

後は今《龍の覇王 ジーク・ヤマト・フリード》になっている枠ですが、環境に合わせて《砲天使カノン》に変更したり、防御札が足りないと感じたら追加で《リミテッドバリア》等を入れてみても良いかもしれませんね。

このデッキは尖塔のお陰でコストが重いマジックを多少無理矢理採用しても使うことが出来たり、あまり色に縛られる事がないので環境に合わせて様々なチューニングをし続けて長く遊べるのも魅力的なデッキですねヽ(´ー`)ノ


このデッキはその場の状況によって色々考える事が変わってきたり、どこで何を打つかとかでちょっと考えることが多いかもしれませんが、その分使ってて楽しいデッキになっていると思います!
高額パーツが多くて少し敷居は高いデッキになっていると思うのですが、手持ちのパーツで組める方がいれば是非一度組んでみることをオススメしたいですねヽ(=´▽`=)ノ


以上でこのデッキの紹介及び解説は終わりです!∠( ゚д゚)/

僕は2月に戦国CSエリア予選への出場が決定しているのでその時の為に色々練習をしておかなければいけないのですが、烈火伝第3章からは本当に色々なデッキが出てきそうで、頭がパンクしそうです……

僕は土曜日に当店(ディスクメイト宮前平)で行われるランクアップバトルにちょくちょく参加しておりますので、バトスピプレイヤーの方は是非対戦しましょう!ヽ(=´▽`=)ノ




---------------------------------------------------------------------------------------

今後も気になるカードやデッキが有れば、バトスピに限らずブログにちょこちょこ感想を書き連ねて行こうかなと思っておりますので、是非ブックマーク等していただければ幸いです(*˘︶˘*)



当店にはTwitterアカウントもございます。
大会情報やこのブログの更新等、そちらでもご覧になれますので、ぜひご登録をお願いします!
《ディスクメイト宮前平店Twitterアカウント》
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。